転職活動と就職活動とでは応募書類の作成と面接のアピールポイントが異なる

転職活動での応募書類は、職務経歴書がカギとなります。

 就職活動では履歴書やエントリーシート、小論文などを応募の際に企業に提出するわけですが、転職活動の場合、履歴書の他、職務経歴書が必要となります。各企業の中途採用は、その企業のニーズに合致した人材をピンポイントで採用する場合が多いため、そうしたことを把握しながら職務経歴書を作成するのは、なかなか簡単なことではありません。

 

 そこで職務経歴書の作成の際は、まず自分の棚卸しをしっかりと行ない、それまで経験した職務を中心に振り返り、何を経験し、何を学び、そこから応募先企業に対し、どう役立てることができるかをしっかりと考え、強みをはっきりさせましょう。

 

転職活動の面接の際にアピールすべきこと。

 就職活動の場合は、学生時代に行なってきたことを中心に、ご自分の内面を強くアピールすることが重要でした。しかし、転職活動の面接の場合は、そうした内面性に加え、これまでの職務内容をわかりやすく伝え、入社後、どのようなことに貢献できるかをしっかり具体的に答えなければなりません。つまり、スキルと貢献度こそが面接でのアピールポイントとなるのです。

 

 面接も応募書類の作成同様、やはり自分の棚卸し作業が重要になってきますので、ぜひ、じっくりと取り組んでください。