知名度のない企業を研究することについて

 

 転職サイトなどでよく目にする人気企業ランキングですが、これは転職をする側としてはあまり参考になるものではありません。実際に転職をした満足度や転職実績をきちんと反映したものであればいいのですが、大抵は登録者への人気アンケートをもとにしたデータですので、その企業自体の知名度が反映されているだけ、といった場合が多いです。こういったランキングに入ってくる企業は、一般消費者を顧客としている企業が多く、テレビCMや広告を盛んに打っています。常にイメージアップに取り組んでいるため企業イメージも良く、それが転職先としての評価に混ざりこんでいるといっていいでしょう。

 

 よって、実際に転職先として優れているか、働きやすい企業かどうかというのはまた別問題です。もちろん、イメージアップに熱心なところであれば、社員に対しても無碍なことを強いることは少ないでしょう。ですが、優良企業はこうした有名な企業だけではなく、むしろ企業間取引を主な業務としているところにたくさんあります。名前は知られてはいませんが、ある部品、ある分野では世界トップシェアなど優れた技術や製品をもつ企業はたくさんあるのです。

 

 転職先を選ぶ際には、普段から持っている企業イメージがどうしても影響してしまいますが、そこから離れて敢えて自分が全く知らないところからだけ選ぶというのもひとつの手です。未知の企業を研究することによって、思わぬ得難い出会いがあるかもしれないからです。