情報収集が転職の命運を分ける!?

 

 当たり前のことではありますが、転職をする際には情報収集が何より不可欠です。転職先の候補として考えている会社についての情報といっても、年収や仕事内容だけにとどまらず、拘束時間や福利厚生なども把握しておく必要があります。可能であれば実際にその会社に務めている人間に話を聞くことが望ましいですが、難しいのであれば似たような規模・業種の会社でもよいので、実際に働いている人の声を聞くことをおすすめします。

 

 なぜこんなにも情報収集が重要になるのかというと、転職でよくあることとして挙げられるのが「思っていたのと違った」「こんなことなら転職するんじゃなかった」と後悔するケースです。現在勤めている会社と同じで、実際に勤務するまではその会社の内部について知ることはほぼできないことがほとんどです。ですから、一見理想通りの会社を見つけても、働き始めてみたら実情は全く違ったというのはそう珍しい話ではないのです。

 

 誰しも、現在の状態からより良い状態で仕事をしたいと思って転職をするものです。以前の方が良かった…と思ってしまうと転職をした意味が全くない、努力が水の泡になってしまうのです。転職を考えるくらいですから、現在の仕事内容に不満を感じ、早くこの状況を打破したいと思い焦燥感を抱いてしまうのもしかたがないことです。しかし、次の職場でこそ満足行く環境を獲得するためにも、じっくり時間をかけて情報を集めることが重要なのです。